QQ1 / 故障かなと思ったら

次のような症状がある時は、原因と処置方法をご確認下さい。

症状 考えられる原因 処置方法
運転(通電)しない コンセントから差込プラグが外れている。 再度、コンセントにしっかりプラグを差して下さい。
AC/DCアダプターの接続部分が外れている。 一旦プラグをコンセントから外し、接続を確認してから通電を行って下さい。
ACアダプターが熱い 構造上温度が高くなることがあります。
※念の為、処置方法をお試しください。
・直射日光の当たらない場所に移動してください。
・ホコリを取り除いてください。
・壁側のコンセントから直接電源を取ってください。
水が循環しない ポンプが停止している。 ポンプの動作をご確認してください。
ACアダプターが停止している。 ACアダプターのランプが点灯しているかご確認ください。
吸い込み側に空気が入っている。 吸い込み側に空気が入ると、水を循環させるための動作(始動)を行わないと水の循環は再開されません。 各パーツが接続されていることをご確認のうえ、水を循環させるための動作を行ってください。

※水を循環させるための動作(始動) 本体に飼育水が水槽内に戻るまで入れ(呼び水)、電源を入れた直後にサイレンサー上部の穴を指でふさいでください。空気の引き込みが一時的に遮断され、水槽内からポンプに水が引き込まれます。少しの間、ポンプから異音と振動がありますが約1分程度で水が本体とカバーの間から出てきます。
泡が上がらない(出ない) エアーチューブが折れている。 エアーチューブが折れないように再度設置を行ってください。
ベンチュリー部分にカルシウム等の汚れが詰まっている。 こちら」をご参考にメンテナンスを行ってください。
異音がする ポンプやインペラに汚れが付着している。 こちら」をご参考にメンテナンスを行ってください。
電圧低下によるモーター出力の低下。 タコ足配線等により、電圧が低下している可能性があります。配線方法等をご確認ください。
水槽内に泡が戻る スポンジ部分が汚れている。 排水が迂回してしまっている可能性があります。 その際は飼育水等で揉み洗いを行ってください。 スポンジの弾力が失われている場合には、別売のスポンジに交換を行ってください。
ベンチュリー部分にカルシウム等の汚れが詰まっている。 吸い込まれるエアー量が減るかわりに流水量が増加し、 水槽に細かい泡が戻りやすくなっている可能性があります。 「こちら」をご参考にメンテナンスを行ってください。 粘膜保護剤や添加剤の影響の可能性があります。 粘膜保護剤や添加剤により、泡切れが悪くなってし
粘膜保護剤や添加剤の影響の可能性があります。 粘膜保護剤や添加剤により、泡切れが悪くなってしまっている場合がございます。 その際は水替え等を行ってください。 ※使用できばい場合もありますのでご注意ください。

故障かなと思ったら/修理受付

クーラー
クリーナー
その他